車 鳥のフン

ときどき車に鳥のフンを落とされます。
木の下や電線の下だと、走行中でもフンの被害に合う確率が高いです。

鳥のフンが付いていると見た目が汚らしいので、
気づいたらすぐに拭き取るようにしています。

後ろに落とされていると気づかないときもあり恥ずかしい。。。
でも汚さ以上に深刻なのがボディを劣化させること。

鳥のフンには酸性やアルカリ性の物質が含まれているため
フンを放置しすぎるとボディの塗装を溶かしてしまう!
なんてことも。。。

鳥のフンの取り方

早めに気づいたときはフンも柔らかいので、ティッシュや雑巾で拭き取れます。

気づかずフンが固まってた場合がやっかい。
強引に拭き取ると車のボディを傷つけるおそれが。

なのでお湯で温めた雑巾をフンにあて、約30分ほど蒸らしてから、
柔らかくなったのを確認してから取るようにしています。

鳥のフン対策

鳥のフン対策には車専用カバーが良いそうです。
車に直接フンがつかないだけでなく、
鳥は光るものに反応して近づく習性があるようなので
車の反射を防ぐことで鳥が近づくのを防ぐ効果もあるそうです。