認知症対策

先日、アルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」がアメリカで承認されたと話題になりました。
認知機能の悪化を抑えるという画期的な新薬。

亡き祖父が認知症で、介護をしていた親の姿を見ているので
効果が実証されることを願うばかりです。

認知症対策のひとつに「ゲームがいい」とも聞きます。

認知機能に大切な要素として
記憶する、考える、物事を判断する、アイデアを出す、
応用する、感情をコントロールする

という項目があるそうです。

この機能を保つには
指を動かしながら考える
目で物の動きを追いながら考える

作業が大切だとか。

これらを兼ね備えたものとして
スマホゲームやTVゲームも効果があるみたい。

その中でも
視覚的な注意力」と「的確な反応」の
早さと精度が求められるゲームが特に良いようですね。

こちらも早さと精度を求められますね。