ジブリの大博覧会

「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」に
家族4人で行ってきました。

コロナ禍ということで日時指定の完全予約制。
8月22日 日曜日11時からの入場でしたが
全然混雑していませんでした。

会場の入り口にはネコバスが。
ですが周りに子どもたちが集まることもなく
写真もラクに撮れました。

ちなみに写真撮影ができるのはここまで。
館内では撮影禁止です。
各ブースにスタッフがいますので
こっそり撮ることもできませんでした。

前半はナウシカ〜思い出のマーニーまで各作品の
ポスターや広告、制作資料が大量に展示されていました。

キャッチコピー案や絵コンテなど貴重な資料も。
大人は興味深くみてましたが子どもはスルーでしたね。

後半は立体物。

天空の城ラピュタの「空飛ぶ巨大な船」の大型模型は
和紙で作られた照明のような優しい光で幻想的です。

風の谷のナウシカ 王蟲の世界では
造形クリエーター竹谷隆之氏の監修のもと
ハイクオリティな腐海の世界が再現されていました。

巨大な王蟲は目が光り圧倒的な存在感。
ウシアブなどの巨大な昆虫も展示されなんとも不気味。

王蟲の眼が赤く光ったところで
ちびっ子が「怖い〜!」と大泣きしてました。

個人的にはジブリの社内向イベント用のチラシや
年賀状が良かったですね。

どのチラシにもスタッフが描かれたであろう
ジブリらしいイラストに思わずクスッとさせられます。

年賀状では干支のイラストがジブリタッチ。
グッズになってたら買いたくなるほど魅力的でしたね。

思い出にパンフを買っておきました。
800円はリーズナブル!

袋は有料。
ですが35円なので買いました。

ジブリの大博覧会はまさにジブリの集大成
といった感じで大満足の内容でした。

展示物を見る→【メーテレ】ジブリの大博覧会